換金手数料はいつ払う?

Home » 換金の手数料 » 換金手数料はいつ払う?

換金手数料はいつ払う?

自分が持っているクレカのショッピング枠を換金できるサービスもありますが、利用は有料です。
手数料という形で費用を負担する必要がありますが、これはいつ払うのでしょうか?
これはサービスを利用し、現金化をしたときにすぐ支払う形になります。
支払いにかかる手間などはありません。

どういうことかというと、現金化したとき、手数料分は自動で差し引かれるのです。
このサービスは、その業者が販売している商品を一度クレカで購入したあと、業者から現金を振り込まれるという流れになります。
このサービスを利用したことでかかる代金は、このとき一緒に清算します。
清算にかかる手続きは特に必要なく、現金化した金額から、業者に支払うべき金額を天引きした上で支払いが行われるのです。

たとえばクレカのショッピング枠を10万円分現金化したいと思い、サービスを使ったとします。
このときに手数料込みで20%が引かれるとしたら、2万円が業者に支払うべき金額になりますよね。
この2万円は10万円分の現金を受け取ったあと、利用者が改めて振込などで支払うわけではありません。
この2万円分を差し引いた8万円が、現金化できたショッピング枠のお金として、利用者の口座に振り込まれるのです。
このような流れになるため、手数料はいつ払うのかと、あまり気にする必要はありません。
このサービスを使って現金化できたら、そのとき自動で差し引かれるため、手数料の払い忘れといった心配はないのです。

ただ、手数料を自分で改めて支払うことがないため、金額がいくらなのか、利用したあとに自分で確認する機会があまりないですから、なるべく事前に確認した方が安心です。
サービス利用後、自動で清算される手数料の名目や金額は、事前に確認できます。
その業者まで問い合わせれば、どのような費用がいくらかかるのかわかります。
それはいつ払うというものではなく、サービス利用後には自動ですぐ支払うことになりますから、クレカのショッピング枠の現金化を利用する前に、一度よく確認しておくと安心です。

換金の手数料