クレジットカード換金の注意点

Home » 換金の手数料 » クレジットカード換金の注意点

クレジットカード換金の注意点

クレジットカードを換金するときの注意点をいくつかご紹介しましょう。
利用者にとって大事なのは換金率となりがちですが、ここで表示されている割合通りに現金化できるとは限りません。
ここに手数料が含まれていない場合もあるからです。

ここで必要になる手数料とは、クレジットカードの決済にかかる手数料のほか、事務手数料、商品の送料などいろいろなものがありますが、これらが換金率に含まれていない場合もあります。
その場合、表示された換金率で換金されたあと、さらに手数料分が別に引かれます。
この対応が違法というわけではないのですが、利用者としては思ったよりも低い金額しか受け取れないことになりますから、知っておきたい注意点となるでしょう。

なお、手数料がほかにあるのかどうかは、利用前に確かめられます。
業者のHPに書かれていることもありますし、もし書かれていなければ直接問い合わせることで調べられるのです。
手数料も含めて、換金にかかる費用が知りたいときは、事前にしっかり確認するといいでしょう。

このときにわかった手数料についても、知っておきたい注意点があります。
それは必要な費用が高すぎないかどうか。
何かのサービスを利用するとき、どうしても必要な費用を利用者が負担するのはよくありますが、その金額は適正価格になるのが基本ですよね。
クレジットカードの換金を利用するときも、その手間賃が法外に高いといったことがないか、注意したいのです。

たとえばこのサービスを使うと、一応は商品を購入するという形を取りますから、購入した商品は実際に宅配便で送られてきます。
このときの送料は必要な手数料となりがちですが、これは固定金額として数百円ほど、高くても1000円ほどになるのが一般的です。
商品の送料としての手数料が、クレジットカードの使用額の数%といった、パーセンテージでの金額設定になることは、普通ありませんよね。
そのような不自然な手数料になっていないか、これは事前によく確認したいことです。
クレジットカードの換金では、このような注意点があります。

換金の手数料