クレジットカード換金の換金率

Home » 換金の手数料 » クレジットカード換金の換金率

クレジットカード換金の換金率

クレジットカードを換金するとき、使用した金額が満額現金になるわけではありません。
利用者としては満額での換金ができた方がありがたいでしょうが、この換金にも費用や手間賃がかかります。
これは誰かが負担しないといけません。
これは換金希望者が負担するのが一般的ですから、その金額を引いて現金化が行われるため、使用金額の満額を現金で受け取れることは普通ないのです。
ではどれくらいの現金が戻ってくるのか、その割合を示したのが換金率になります。

換金率は%で示されます。
たとえば換金率90%となっていたら、そのサービスを使うと、使用金額の90%が現金として戻ってくるというサービスになるのです。
これを見て、使用金額のうちどれくらいが戻ってくるか、それを確かめてからクレジットカードの換金を利用することが多いですね。
利用者としては、この換金率がなるべく高い業者を選ぶとお得になります。

このときに引かれている割合が、つまりはクレジットカードの換金にかかる手数料ということになりますが、この点は業者によって考え方が違い、換金率と手数料を分けている場合もあります。
手数料込みでの換金率を表示している業者もあれば、そのサービスの換金率に沿って一度現金化し、そこから規定の手数料を引いた金額を振り込むという業者もあるのです。
表示されている換金率とはまた別に手数料がかかる場合、使用した金額からある程度差し引かれた金額で現金化されたあと、さらに手数料分を引かれますから、実際の換金率はもう少し低いわけです。

つまりクレジットカードの換金をするとき、表示されている換金率だけでお得度がわかるわけではありません。
実際の換金率を調べたいときは、手数料のこともチェックしましょう。
クレジットカードの換金にある程度の手数料がかかるのは間違いありませんが、それが換金率に含まれているのか、これが大事です。
これをまず確かめ、含まれているなら表示されている換金率だけで特に問題はありませんが、手数料がさらに別にかかるときは、どのような手数料がどれだけかかるのか、それを確認してください。
すべての必要経費を含めた上でのバック率が、実際の換金率となります。

換金の手数料