クレジットカード換金にかかる手数料

Home » 換金の手数料 » クレジットカード換金にかかる手数料

クレジットカード換金にかかる手数料

ショッピング枠を現金化するのがクレジットカードの換金サービスとなりますが、これを使うためには手数料がかかります。
これを引かれての換金になるため、使用した金額が満額戻ってくるわけではありませんし、換金率として表示されている割合よりも低い金額になることもあります。
ここで必要になる手数料とは、どのようなものがあるのでしょうか?

まずはクレジットカードの決済手数料です。
このサービスでは、ショッピング枠を直接現金にしているわけではありません。
一度のそのショッピング枠を換金業者の中で使用し、振り込まれたお金のうちいくらかを利用者に返すという流れになるのが基本です。
そのためカードの決済手数料がかかるのですが、これを利用者負担とするサービスは多いです。
ちなみに決済手数料とは、クレジットカードを使用したとき、カード会社から業者側に請求される手数料のこと。
カードの使用があればどんな業者でも基本的に請求されるため、実際にこの使用をやっている換金業者でもこれがかかるのです。

次に事務手数料です。
これはクレジットカードの換金にかかる手間賃として、業者から請求されます。
事実上の業者の取り分となるものですね。
これがあるため、業者はビジネスとしてクレジットカードの換金を行っています。
これも必ず必要になるものですから、要確認です。

次に送料です。
ショッピング枠の換金のため、業者は利用者へと商品を販売するという形になりますから、その商品は実際に利用者の自宅まで送付されます。
このときにかかる送料は利用者負担ですから、これも必要な手数料となります。

次に振込手数料です。
このサービスを利用し、現金化できたショッピング枠は利用者へと返金されますが、このときの支払い方法は銀行振り込みとなります。
このときに手数料がかかりますが、これも利用者負担として、あらかじめ徴収されます。

このほか、手数料とは少し違いますが、換金商品の販売時にかかる消費税も、実質利用者負担となる費用ですから、これも含めておく方が、現金化できる金額を正確に計算できます。
クレジットカードの換金にはこのような手数料がかかります。

換金の手数料